木村 亮示
ボストンコンサルティンググループ パートナー&マネージングディレクター
公志園で世界を広げる体験を
公志園に携わって、
仕事の仕方・普段の生き方・家族の接し方も変わりました。

挑戦者の問題意識を聞くなかで、
新聞読んでいて、
自分に関係ないと思っていた話に問題意識を抱いたり、
世界の見え方が変わりました。

一般的に社会起業家とか社会貢献というと、
肩に力が入ったり、
特定の人がやる印象を受けます。

しかし、ビジネスの社会にいる私たちも、
この公志園に携わることで世界の見え方が変わり、プラスになります。
ぜひ、世界が広げてほしいと思っています。

公志園は挑戦者のにとっての広がりであり、
我々にとっての広がりであると思います。
みなさんに参加して頂いて、その広がりを感じて頂きたい。

今回行われる
気仙沼での決勝(けっしょう)大会は
ファイナルコンペティションという意味での
「決勝」ではなくて、

挑戦者の方々がずっと温めてた物をインタラクションで
化学変化を起こしてクリスタライズされた
「結晶」を提示することだと思っています。


新しい出会いを気仙沼で楽しみにしています。

その他の動画を見る




和氣 忠

アクセンチュア エグゼクティブパートナー
感動を導く若い挑戦者の力をまた観たい

佐藤 大吾

一般財団法人ジャスト・ギビング・ジャパン代表理事
ここから新しい動きが生まれる                   

藤沢 烈

RCF復興支援チーム代表理事
今被災地に必要なこと

水谷 智之

株式会社リクルートエージェント 代表取締役社長
考える時間というプレゼントを頂いている





波多野 昌樹

博報堂マーケティング戦略企画室室長
なんとか役に立ちたい                   

小城 武彦

丸善CHIホールディングス 代表取締役社長
気づいてしまったことを見過ごさない                 

薗田 綾子

株式会社クレアン 代表取締役
『子どもたちに安全で安心で幸せなそんな社会をバトンタッチを』                  

辻本 昌弘

大日本印刷PIMソリューション企画開発室室長
想いを最大限に伝える場